昔は一家に一つあった神棚!そんな神棚の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは、神棚に関する情報を数多くご紹介しています。
こうした設備は古い時代から作られていて、昔は一家に一つあったという情報もご紹介しています。
基礎的な知識を初心者にも分かりやすく解説しているサイトです。
歴史に関することもご紹介していて、いつ頃から歴史が始まったのかを知ることもできます。
様々な種類のものがあるという情報もご紹介していて、一社型や三社型などの種類についてそれぞれご紹介しています。

昔は一家に一つあった神棚!そんな神棚の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

神棚は非常に古い時代から、多くの場所に設置されていました。
どこの家庭にも一つの神棚があったくらい、一般的なものでした。
これから自宅に神棚を作ることを考えている初心者の人は、昔の人が知っていた基礎知識を知っておく必要があります。
神棚を作る際に必ず知っておいた方が良い基礎知識として紹介できるのは、設置するのに最適な場所です。
設置する方角は特に重要となり、一番良いとされているのは、南向きに設置する方法です。

まずは神棚の基本を確認していこう

先祖を祀るために自宅に神棚を置いている家は沢山あり朝起きたら必ずお祈りすると言う人もいますが、基本的な知識を知っている人は少ないです。
そのため参拝の仕方を間違えている人もいますが、それはご先祖様に対して良くないことなのである程度の知識を知っておくことが大切です。
先ず神棚の位置が重要で家族が親しめる明るく綺麗な天井の近くに南向き又は東向きに設けることが理想ですが、この時に気をつけるべきことは目線より高い位置に設けると言う点です。
次にお参りの作法に関してでこれはとても重要な点ですが、二礼二拍手一礼が基本でこれを行う前には手と口を清めて綺麗にして姿勢を正します。
そして神棚に向かい2回お辞儀をして柏手を2回打ち感謝した後に深いお辞儀を1回することになりますが、慣れたら簡単な動作なのでそれほど難しく考えることはないです。
このように神棚を設置したりお参りする場合には知っておくべきことが色々あるので、参拝する前に事前によく確認した方が良いです。

日本人が神棚を設置する理由とは?

日本人が自宅に神棚を設置することには大きな理由があります。
こうしたことは、非常に古い時代からおこなわれてきました。
神棚を設置する大きな理由としてあげられるのは、さまざまなことをお祈りできるようにするためです。
家の中にお祈りができる場所があれば、いつでも気軽に祈ることができます。
作られる目的として多いのは家内安全を祈ることです。
家族が安全に暮らすことはどこの家庭でも大切にされていることなので、このようなことを祈願するために作られています。
人によっては商売繁盛を祈願するために、家の中に設置する場所もあります。
自営業をしている人などがこうした目的で設置していることも多く、毎朝仕事に行く前に商売繁盛を祈願している人もいます。
その一方で無病息災を祈願するために、家の中に神棚を設置している人もいます。
病気にならないで健康に暮らすことはいつの時代でも大切なことであったため、このような目的でも多くの神棚が作られました。

神棚と仏教の仏壇はどこが違うのか

神棚と仏壇の違いは、簡単に言えば祀る対象が神様か仏様かということになりますが、それ以外にも様々な違いがあります。
まず神棚は、南向きか東向きに設置するのが良いとされ、明るく清浄な場所でできるだけ高い場所に置かれます。
お供え物は、神鏡・榊立て・灯明・水玉・注連縄・真榊・飾り徳利・御幣・熊手・破魔矢など数多くあります。
参拝方法は、深い礼を二回・拍手を二回・深い礼を一回の「二礼二拍手一礼」で神社と同じです。
これに対して仏壇は、一般的に北向きは避けて設置します。
設置する際は、拝むときに仏様を見下ろす形にならないように、ご本尊の高さに注意しなければなりません。
お供え物はご本尊・位牌・仏具セットで、生前の写真やお菓子を供えることもあります。
参拝方法は、正座しご本尊に一礼します。
お供え物を供えたあとローソクに火をつけ、その火で線香にも火をつけて合掌です。
最後にローソクの火を手であおいで消し、一礼して下がります。
祀る対象が違う二つを同じ部屋に置いても問題ありませんが、礼拝のときどちらかにお尻を向けてしまうため、向かい合わせに設置しないよう注意が必要です。

神棚は神聖なものだけど通販でも購入可能?

神棚は古来からの歴史がある神聖なもので神社やお寺、あるいは専門店で販売されていましたが、昨今ではオンライン通販でも購入が可能です。
販売時には対面により手渡しをすることが風習となっていたことから当初は賛否両論があり業界内でも意見が分かれましたが、時代の流れと共に変革が求められ、現在ではオンライン通販でも販売されているのが当たり前になりつつあります。
専門店がECサイトを開設しているほか、大手オンラインショッピングサイトでも取り扱いが開始されました。
神棚の製造は販売経路問わず熟練の職人が丁寧な手作業で行い、購入した方の無病息災や家内安全、仕事や学業の成就など願いが叶うよう祈りが込められます。
運送を担当する宅配便のサービスドライバーも、送り状に記載されている送り主の企業や品目からダンボールの中身が神棚であることが分かり、親切丁寧に取り扱ってくれます。
届けられた神棚にはそれに携わった様々な人々の思いが込められており、それを祀った家庭や会社などの繁栄や祈願成就を叶えるために見守ってくれる存在となります。

神棚に関する情報サイト
神棚の情報サイト

このサイトでは、神棚に関する情報を数多くご紹介しています。こうした設備は古い時代から作られていて、昔は一家に一つあったという情報もご紹介しています。基礎的な知識を初心者にも分かりやすく解説しているサイトです。歴史に関することもご紹介していて、いつ頃から歴史が始まったのかを知ることもできます。様々な種類のものがあるという情報もご紹介していて、一社型や三社型などの種類についてそれぞれご紹介しています。

Search